アルファ・リポ酸点滴

ビタミンC点滴の抗がん効果を増強、肝機能の改善

適応

  • がん治療(単独またはビタミンC点滴との併用)
  • 慢性肝炎や肝硬変

効果

  • 抗がん効果(ビタミンC点滴の抗がん効果の増強と癌細胞の自滅を促す)
  • 肝機能の改善

治療法

初回アルファ・リポ酸100㎎より開始して順次増量。通常投与量300~600㎎。点滴時間30~60分。頻度は患者さんの病状により適宜判断。高濃度ビタミンC点滴と併用する場合は、基本的にビタミンC点滴を先行し、その後連続してアルファ・リポ酸点滴。

注意点(副作用)

ほとんど副作用ありません。

※アルファ・リポ酸のサプリメントの服用で低血糖を起こしたインスリン自己免疫症候群の症例が報告されましたが、点滴においては現時点でそのような症例報告はされていません。

※アルファ・リポ酸点滴における治療効果は、患者さんの病状や病態により個人差があることをご理解ください。

統合医療で自己治癒力を高める
体・心・魂にアプローチする新たなエネルギー(波動)医療!

あなたの体・心・魂の真の癒しを目指して、当院はあなたと共に歩んでいきたいと願っています。