バイオレゾナンス(振動・エネルギー医療)

※現在準備中。この夏頃より開始予定。

身体のエネルギーを整える、ドイツでそして世界で認められた振動・エネルギー医療(原因分析に基づく身体の調整)

バイオレゾナンスとは

バイオレゾナンスの、バイオとは「生命」を、レゾナンスとは「共鳴」を意味します。私たちの身体を含め、あらゆるものにはそれぞれ固有の周波数をもったエネルギーが流れており、この流れが滞ると障害が起こります。痛みや腫瘍などの症状として現れた病気は、この生命エネルギーの滞りの結果です。

すなわち、

「病気はエネルギーの滞り」

と言うことができます。
これがエネルギー医療の考え方です。

バイオレゾナンスでは、まず病気すなわち生命エネルギーの滞りを引き起こしている原因を分析します。その結果からエネルギーの滞りを改善させるために必要な周波数を使って身体を調整(ハーモナイズ)していきます。こうすることで、私たちの身体本来がもつ自己治癒力が発揮され、最も自然な形での癒しに繋がるのです。

(※写真はレヨコンプPS10)

原因分析

「共鳴」とは、振動数が同じ場合互いに振動する反応をいいます。この反応を用いてバイオレゾナンスではレヨコンプという装置を使って病状の原因分析をしていきます。この分析により、私たちの生命エネルギーの滞り状態(チャクラ、経絡等)や、その原因(電磁波や水脈断層、酸アルカリバランス、ビタミンやミネラルなどの活性化物質、重金属などの有害物資、酵素、細菌やウイルスなどの病原体など)を特定していきます。

原因分析の基本的な方法は、患者さんに椅子に座っていただき両手首と首にディテクターと呼ぶベルトをつけてもらい、医師がレヨコンプという装置を使って調べていきます。

※原因分析の際は、スマートホンなどの電源は切っていただき電磁波の影響を少なくする必要があります!

(※写真はレヨコンプPS10にて分析中の場面です)

原因分析の時間は、基本的には約10~20分です。しかし、患者さんの病状や病態により異なります。分析結果はその場で判定でき、分析中の痛み等はまったくありません。

※リクライニングシートなどに座っていただきレヨコンプPS1000ポラーを使って原因を自動的に分析する方法もあります。約15分。

調整(ハーモナイズ)ー調整方法の流れー

分析により特定された原因から、患者さん個人に適した調整のためのプログラムを作成し、分析時にも使用したレヨコンプ(PS10またはPS1000ポラー)という装置を使って、原因の影響を削減し、生命エネルギーの滞りを改善させるための様々な周波数を流していきます。これをバイオレゾナンスでは、調整(ハーモナイズ)と呼んでいます。

調整(ハーモナイズ)は基本的に週1回、1回60分程です。ただし、病状や病態により調整を受ける回数や時間は異なります。

実際の調整(ハーモナイズ)では、患者さんはリクライニングシートに座っていただきます。調整の間、雑誌や本などを読んで頂くこともできます。

※調整の際は、スマートホンなどの電源は切っていただき電磁波の影響を少なくする必要があります!

こうした調整(ハーモナイズ)を行いながら原則として月1回(調整4,5回後)原因分析を行います。それに基づいて新たなプログラムを作成し、再度調整(ハーモナイズ)を行い、より体調を整えていきます。

さらにこのバイオレゾナンスによる調整(ハーモナイズ)と併用して、原因のひとつである酸アルカリバランスや重金属、腸内環境の改善が必要な場合は、その影響を削減するために周波数調整されたサプリメントをとっていただいたり、高濃度ビタミンC点滴などの各種点滴療法を併用していただいたりします。これにより、身体のエネルギー調整に相乗効果が起こり、自己治癒力がより一層本来の力を発揮できるようになります。

(※写真は自動原因分析ができるレヨコンプPS1000ポラー)

 

 <対象疾患

・がん(乳がん、子宮がん、卵巣癌、肺がん、大腸がん、前立腺がんなど各種がん)、アレルギー(アトピー性皮膚炎、花粉症など)、関節リウマチ、その他多くの疾患病態に対応。※15歳以上の患者さんを対象とさせていただいております。

 

調整の流れ

1.原因分析

 ・10~20分程

 ・初診時および調整4,5回後に再度分析。

 ↓

2.分析結果より調整のためのプログラム設定

 ↓

3.調整

 ・基本60分程

 ・基本週1回

  ※病状・病態により調整時間や回数は異なります。

 ↓

4.サプリメントや点滴等による調整

 ・原因分析結果より、酸アルカリバランスや重金属、腸内環境などの調整が必要な場合、サプリメントの服用や点滴を併用。また調整時の周波数を転写した「レヨタブ」という錠剤を舐めてもらうことで、相乗効果が得られます。

 

 ※調整(ハーモナイズ)の期間は、患者さん個々人の病状・病態により異なります。

『生命エネルギーの滞りを調整して、本来の自己治癒力を発揮させる』

これが、バイオレゾナンス(振動・エネルギー医療=ドイツ振動医学)です。

1975年にこれを開発したドイツ人のパウル・シュミットは、
「原因指向のトリートメント方法が、最も持続性がある」
という信念を長年の研究と実績から持たれました。対処的でなく、原因から病状にアプローチすることの大切さを教えてくれています。ドイツでは医療として認められ、世界43カ国(2017年現在)で使われています。

病気(生命エネルギーの滞り)の原因

どのような病気であっても、生命エネルギーの滞りを引き起こす原因はひとつではありません。バイオレゾナンスでは以下のごとく1.生命エネルギー、2.身体環境の大きく2つの点から病気の原因を分析していきます。

1、生命エネルギー

私たちの身体は生命エネルギーにより動いています。身体に病気として症状が現れるより先に、身体に流れる生命エネルギーに滞りが起きています。
この生命エネルギーの流れを川に例えるならば、これは上流の滞りにあたります。

<分析項目>

1チャクラ:生命エネルギーの身体への出入り口

2経路:身体内の生命エネルギーの流れ

2、身体環境

私たちの身体は、内外の様々な環境要因により相互に影響を受けており、それらが生命エネルギーの流れを滞らせる原因となります。
この生命エネルギーの流れを川に例えるならば、これは下流の滞りにあたります。

<分析項目>

1生活環境:携帯やスマホ、電子レンジなどからの電磁波(エレクトロ スモッグ)

2土地環境:水脈や断層などのジオパシックストレス。

3体内環境:
1)酸アルカリバランス
2)生命活性化物質:ビタミン・ミネラル、乳酸菌など。
3)有害物質:水銀や鉛などの重金属やタバコ、農薬など。
4)酵素:消化その他代謝酵素など。
5)病原体:細菌やウイルス、寄生虫、真菌など。
6)ストレス:精神的ストレスなど。

その他、水や食物、シャンプーや化粧品などの日用生活品、歯の詰め物などに含まれる重金属や環境ホルモン等の有害物質等。

バイオレゾナンスでは、レヨコンプという装置を用いて、私たちの身体に流れる生命エネルギーの滞りを起こす上記原因を特定していきます。

健康維持・増進、人間ドック(発病予防)として

病気の原因となる体を流れる生命エネルギーの滞りは、実際には、体に症状として病気が現れる前にすでに起きています。

バイオレゾナンスはこれを分析判定し、調整しますので、健康維持や健康増進、さらに定期的な人間ドックとして利用することができます。

このように未病のために使われることこそ、バイオレゾナンスの真骨頂と考えます。

統合医療で自己治癒力を高める
体・心・魂にアプローチする新たなエネルギー(振動)医療!

あなたの体・心・魂の真の癒しを目指して、当院はあなたと共に歩んでいきたいと願っています。