自己治癒力を高める人間ドック

エネルギーの視点から基礎代謝を診る -バイオレゾナンス-

当院の人間ドックの特徴(バイオレゾナンス)

通常の人間ドックでは、診察に血液検査や胸部X線、CT・MRI、内視鏡等の画像診断という西洋医学的な、いわゆる目に見える段階での検査により、病気を未病の段階や早期の段階で捉える検査となっています。

一方、当院の人間ドックは、「エネルギー的視点」から行う検査で、目に見えるより前の段階をも捉える検査を行い、自己治癒力を高めることを目的としています。

エネルギー的視点とは、量子物理学においても唱えられていますが、「すべてはエネルギーである」という理論に基づくバイオレゾナンス(ドイツ振動医学)を用いて、私達の健康を維持・増進する上で、とても大事な基本的代謝に関わる項目を測定していきます。

検査項目

  • 酸アルカリバランス
  • 電磁波(交流電磁場、スマートフォンなど)
  • 栄養素(ビタミン、ミネラル、乳酸菌等)
  • 有害物質(重金属、駆除剤、環境毒素)
  • 各臓器(中枢神経、甲状腺、肺・気管・気管支、心臓、肝臓、腎臓、副腎、膵臓、食道、胃、小腸、大腸、前立腺、子宮、卵巣等)
  • 病原体(細菌、ウイルス、真菌)
  • ストレス 等

検査方法

検査は、椅子に座っていただき、両手首と首の3カ所に、輪となったベルトを取り付けていただくだけで、痛みなどまったくありません。

注:検査の際には携帯やスマートフォン、時計・宝飾品などは身体から離していただきます。

検査時間

・検査時間は20分程です。
・検査後の説明時間は20分程です。
・全体で45分程となります。

※検査を受けられた方の状態でさらに検査時間が長くなることもあります。

 

検査結果

検査終了後、その場ですぐに検査結果を3段階(問題なし、注意、調整)に評価して説明致します。
3段階評価で「調整」となった項目に対しては、生活改善方法をお伝えしたり、ご希望によりサプリメント等を提供させていただいたりして改善を目指します。

ご予約

お電話にて「バイオレゾナンスによる関節リウマチ治療希望」でご予約。

経過

1~4週間後(病状により)の再受診にてバイオレゾナンスを用いて経過判定。結果に応じて1~8週間隔で経過を診ていきます。

関節リウマチ治療の流れ

音響療法の開発者である英国人のマナー博士は、人間の身体を物理学的な立場から、「独特な振動数の調和音を出しているエネルギー体」としてとらえ、生体の各構成要素が発する振動数すなわち「音」を発見しました。

私たちが「病気」であると言うとき、音響療法の立場から言うと、「身体の構成要素が持つ固有の振動数が乱れた状態」と言えます。だからこの異常な振動数を整えるためには、正常な振動数で「共鳴」させればよいことになります。その手段のために「音」を用います。

料金

人間ドック検査代 25,000円(税別)

※サプリメント等は別途ご負担となります。

※血液検査も併せてご希望の場合、別途5,500円より行います。血液検査の結果説明はおよそ1週間後となります。

従来の西洋医学的人間ドックでは、酸アルカリバランスの重要性や重金属による代謝障害、電磁波の影響、腸内環境の問題などの指摘はありません。
実は、こうした項目の問題は、私たちの基本的代謝にとってとても重要であり、これらを調整していくことが、予防医療となり、すべての治療に先立ち、何よりも健康維持・増進に貢献するのです。

ぜひ、一度当院の「エネルギー的視点から診た人間ドック」を受けられ、自己治癒力を高められて下さい。お手伝いさせていただきます。

統合医療で自己治癒力を高める
体・心・魂にアプローチする新たなエネルギー(波動)医療!

あなたの体・心・魂の真の癒しを目指して、当院はあなたと共に歩んでいきたいと願っています。