グルタチオン点滴

パーキンソン病の治療、肝機能の改善、デトックス(解毒)

グルタチオンの特徴的作用

  • 抗酸化作用:体内の活性酸素やそれにより発生した動脈硬化・老化の原因となる過酸化脂質を消去。
  • 解毒作用:肝臓に多く存在し、アルコール・薬物・重金属などの毒物・老廃物などを体外へ排出。
  • 肝機能改善:肝臓の重要な機能である解毒作用を高めることで肝機能の改善。
  • 発がん抑制:発がんの原因となる活性酸素の除去の他、細胞のがんへの変異を防ぐ抗変異原性作用。
  • 肺機能強化:肺内の異物を排除する食細胞を強化し、喫煙や感染症への抵抗力向上。
  • 美白効果:皮膚のシミの原因となる色素ミラニンを消去。
  • グルタチオンは、グルタミン酸、システイン、グリシンという3つのアミノ酸を原料として体内で合成されるトリペプチド。特にシステインはメチオニンとともに硫黄をもったアミノ酸で、これが解毒や抗酸化作用のカギとなります。

グルタチオン点滴の適応疾患

  • パーキンソン病およびパーキンソン症候群(手足の震え、すくみ足など)
  • 抗がん剤投与時の副作用である食欲低下、下痢
  • 末梢神経障害(しびれなど):シスプラチンなどの抗がん剤による副作用
  • 慢性肝炎や肝硬変などの肝機能低下時
  • 重金属などのデトックス(解毒)
  • ワクチン接種後の副作用
  • 急性および慢性湿疹
  • 全身倦怠感

グルタチオン点滴の効果

  • パーキンソン病およびパーキンソン症候群の振戦(ふるえ)や歩行・嚥下障害の改善
  • 抗がん剤の副作用による食欲低下や下痢の軽減
  • 抗がん剤の副作用による手指のしびれの改善
  • 肝機能の改善
  • 重金属排出により代謝の改善

 

<パーキンソン病におけるグルタチオン点滴の効果> 

パーキンソン病は50歳、60歳代で発病することが多く、日本での有病率は、人口1,000人当たりに約一人で、日本全体で10万人以上の患者さんがいると推定されています。

 

パーキンソン病の原因として、中脳の黒質での神経伝達物質であるドーパミンの産生低下が指摘されています。そのため中脳から大脳基底核にうまく神経が接続できず、手足のふるえ(振戦)、手足のこわばり(固縮)、動作の緩慢(寡動、無動)、転びやすくなる(姿勢反射障害)などの運動障害が起きると言われています。

 

このドーパミンを補うために「L-ドーパ」などの薬物療法が現在標準療法として行われています。しかし、ドーパミン産生時には活性酸素も発生し、この活性酸素をしっかり除去できないとドーパミンの産生は低下します。

 

そのため活性酸素を除去するために通常脳内にはグルタチオンという抗酸化物質が存在しているのですが、パーキンソン病患者さんの場合、このグルタチオンが減少していることがわかっています。

 

そこで、グルタチオン点滴により、脳内のグルタチオン量を増やして活性酸素を除去し、ドーパミンの産生を助け、神経伝達がうまく行われるようにしようとするのがグルタチオン点滴です。

 

※ただし、パーキンソン病の原因は上記以外にもあると思われ、同じパーキンソン病患者さんの中でも、このグルタチオン点滴により劇的に効果のある方からまったく効果のない方までいらっしゃいます。パーキンソン病に関しての有効率はおよそ60%です。しかし、一度試されてみる価値はあると思います。

グルタチオン点滴の治療法

<パーキンソン病およびパーキンソン症候群(手足の震え、すくみ足など)の場合>

 

・基本的にグルタチオン800㎎より開始。                                       ・症状や血液データ等を診ながら段階的に増量し、通常1,400~1,600㎎を維持量。                            ・状況により最高2,000~3,000mgまで増量。                                     ・点滴時間は約15~30分。                                             ・点滴頻度は、治療開始1ヶ月間は基本的に週に2~3回。その後効果が実感できる場合は週1~2回で維持治療。    

  

※治療開始1ヶ月間で週2回以上のグルタチオン点滴をしても何らの効果も感じられなかった場合は基本的に中止。                                      ※ただし、治療開始3~6ヶ月以降に症状の改善が認められる場合もあります。

グルタチオン点滴の注意点(副作用)

基本的にグルタチオンは妊娠悪阻、妊娠高血圧症候群と妊娠中でも使用できる程の安全性があり、薬の副作用の治療に使われることもあるぐらいに安全性の高い医薬品で、ほとんど副作用はありませんが、稀に嘔気、嘔吐がみられることがあります。

このビデオでは3例のグルタチオン点滴による改善症例が紹介されています(英語)。

<症例1> 72歳男性。すでにパーキンソン病に対する治療薬を服用中で、パーキンソン病の特徴的な症状である、すくみ足や姿勢が保ちにくく身体のバランスを失う症状がみられていました。特に、歩行時身体の向きをターンさせることが極めて困難でした。
しかし、グルタチオン点滴600mg施行30分後には、すくみ足やバランスの悪さ、そして歩行時に身体をターンさせることも点滴前に比べて非常にスムーズになりました。

<症例2> 8年前にパーキンソン病の診断を受け、パーキンソン病治療薬を服用中の男性。歩行時に両腕をまったく動かさずに歩いていました。
  しかし、グルタチオン点滴600mg施行15分後には、両手を振って自然な歩き方となり、スキップまでできるようになりました。

<症例3> 55歳の女性。9年前からパーキンソン病の診断を受け、治療薬を服用中。歩行時に身体をターンさせることが困難で、すくみ足もみられていました。
  しかし、グルタチオン点滴600mg施行50分後には、実にスムーズにターンして歩けるようになり、すくみ足もみられなくなりました。

 

※すべてのパーキンソン病の方が、グルタチオン点滴にてビデオでご覧になられたような改善がみられるわけではありませんが、この点滴を試される価値があると思います。

統合医療で自己治癒力を高める
体・心・魂にアプローチする新たなエネルギー(波動)医療!

あなたの体・心・魂の真の癒しを目指して、当院はあなたと共に歩んでいきたいと願っています。