総合ミネラル免疫療法(海水療法)

統合医療の定番、ビタミン・ミネラル補給で体調改善

総合ミネラル免疫療法(海水療法)とは

現代人のほとんどはミネラル不足の状態です。この総合ミネラル免疫療法(海水療法)は、私たちの身体の60~70%を占める体液を、この体液とほぼ同じ組成であり必要なミネラルすべて含むろ過した安全な海水を注射または点滴することによって、ミネラル不足を解消し、体内環境を整え、自己免疫力・自己治癒力を回復させる治療です。よってほぼすべての疾患が対象となります。

50万人以上の様々疾患を癒した歴史

100年程前のフランスで、ルネ・カントンによりこの治療法が開発されました。当時彼が開設したパリの海洋診療所では年間10万人、リヨンの診療所では年間15万人のがん、アトピー、リウマチ、乾癬はじめ実に多くの疾患を治療していました。特に当時フランスで流行った小児コレラは不治の病とされていましたが、この治療で多くの子供たちの命は救われました。この療法は、当時の多くの医師たちにも実践され、フランスだけでなく、アメリカ、イタリア、スイス、ベルギー、オランダ等世界中に広まりました。

特徴的作用

自己免疫力・自己治癒力の回復

  • 私たちの身体に必要なミネラル(現時点では78種類)が、一番吸収のよいイオンの状態ですべて摂れる。代謝改善。
  • 酸アルカリバランスを整える。
  • 選択的な抗菌作用(必要な菌まで叩くことがない)がある。
  • タンパク質を補修する。
  • 酸素を細胞に運ぶ浸透性が高い。
  • 生命エネルギー媒体となる。
  • 正しいDNA情報を保持する

対象疾患

がん、リウマチなどの自己免疫疾患、アトピー、乾癬をはじめ、ほぼすべての疾患が対象となります。

基本的治療法

基本的には、週2~3回。30mlより開始し、50~100ml(症例により150~200ml)の注射または点滴を行います。時間は注射約5分、点滴約10~20分。

併用として

  • アイソトニックまたはハイパートニックの海水の飲用をお勧めします。
  • 解毒(デトックス)療法をすることで相乗効果が得られます。

副作用と禁忌

安全に採取された海水を濾過除菌して体液と等張に希釈されイオン化しているミネラルを注射または点滴します。1982年までフランスでは医薬品として使用されており、使用する海水は体液とほぼ同じ成分であり、副作用はほとんどありません。
(【歴史】に記載したように当時この治療で50万以上の方を治療しましたが、副作用はなかったとされています。注射および点滴に使用する海水製剤は当時とまったく同じ成分です)

禁忌として、当院では心筋梗塞後や妊婦の方は対象外とさせていただきます。

料金

30ml 3,900円
50ml 5,900円
100ml 9,900円
150ml 13,900円
200ml 17,900円

注:2018年11月より3か月間の予定でモニター料金にて実施。モニター期間終了後は上記通常料金となります。

統合医療で自己治癒力を高める
体・心・魂にアプローチする新たなエネルギー(振動)医療!

あなたの体・心・魂の真の癒しを目指して、当院はあなたと共に歩んでいきたいと願っています。